123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-29 (Sat)
ご無沙汰してしまいました
5/24、ようやく里帰りを終了し自宅に戻りました
が産まれてから約2か月…予定よりかなり遅めの帰宅です
本当はGW明けに帰宅する予定だったんですが、その後にイロイロあって…
実は、お~くんパパが去る5/10に永眠しました。
前立腺ガンと診断されて余命1年と宣告されてから約2年半…
ずっと頑張ってくれていたのですが、今年に入って症状が悪化し余命半年と宣告。
は単身で何度か帰省し、GWも花連れでの帰省も強行したんですが
帰宅後の5/7に容体が急変し、いつでも帰省できる準備をしておくようにと義兄から連絡が。
8日夜に今夜が峠かも…という事態になったので、せめて9日朝イチにだけでも先に帰るように言ったんですが
あとで追っかけると言っても母子3人だけでの帰省は無理やろから、夜の便にして4人で帰ろう!と。。
(小松→福岡便は朝・夜の1日2便しかない。。)

でも…パパは私達が着くまで待っていてくれました。
意識はほとんどない状態だったんですが、が実を見せながら呼びかけた時に
1度だけ手を挙げてくれたので、きっと分かってくれたんだと思います。
そして10日深夜、皆に見守られながら旅立たれました。。
ちょうど長男さんが関東から到着して1時間も経たずでした。
呼吸がかなり苦しかったにもかかわらず、私達が到着するまで頑張ってくれたんです。

お~&ゆ~が結婚して5年ちょっと。
「あなたはうちの『娘』なんだから…」と言ってくれたパパ。
大好きな『父』でした。今まで本当にありがとうございました。

そうそう、不思議なことがひとつ。
火葬場からの帰り、空を指差しながら花が「あそこに、おじいちゃんがいる!」と。
さらに「おじいちゃん、ちゃんに『ばいば~い』って手を振ってるよ」と。
(しかも向きが変わっても同じ場所を指差してた!!)
には「おじいちゃんはお空に行ったんだよ」と言ったので想像して言っただけかもしれませんが
に見えた『おじいちゃん』はニコニコ笑ってたらしいので、なんだか幸せな気持ちになれました。
どうぞこれからも空から私達を見守ってください
スポンサーサイト
| daily | COM(4) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。